佐賀 | 佐賀

手すき紙の一大産地、肥前に残る最後の工房「PAPER VALLEY」
手すき紙の一大産地、肥前に残る最後の工房「PAPER VALLEY」の製造風景
手すき紙の一大産地、肥前に残る最後の工房「PAPER VALLEY」の製造風景
職人が1枚1枚手すきをしていく様子
職人が1枚1枚手すきをしていく様子
手すき紙の一大産地、肥前に残る最後の工房「PAPER VALLEY」のブランドロゴ

[住] 和紙

PAPER VALLEY


PAPER VALLEY は、和紙の原料の一つである梶の木の栽培から、一枚の紙ができるまでの全ての工程を佐賀県の名尾で行う手漉き紙のプロダクトブランドです。名尾は、豊かな湧き水と原料栽培に適した寒暖差をもたらす谷に位置し、かつて100軒もの紙漉き工房が軒を連ねましたが、現在、当工房を残すのみとなっています。紙の産地の最後の工房として「残しておきたい紙」をコンセプトにものづくりをしていきます。

www.naowashi.com

ブランド一覧に戻る